さまざまなジャンルで、それぞれの未来を目指して活躍するアスリートたち。

チームコカ・コーラは、アスリートそれぞれの多様な夢、そして
いちアスリートとして抱く未来への夢を応援します。

アスリートのカラフルな夢を見て、夢を持つことの素晴らしさを知る。

アスリートの夢に触発されて、何かを始めるきっかけが生まれる。

「みんなが描く夢、それこそが世界の可能性」という
Colorful Dreams!の想いを具現化する新プロジェクト。

My Colorful Dreams!

アスリートの皆さんの、カラフルな夢をご紹介します。

  • 車いすテニス
    Comment
    障がいが進んでいったとき、テニスに出会って自分の人生や世界がすごく変わった。だから、テニスを通じて自分が世界に何をのこせるのかを、常に考えている。それが私の原動力です。

    profile

    先天性の潜在性二分脊椎症であったが、11歳で車いすテニスを始める。2014年に世界ランキング1位を記録。 同年「女子車いすテニス最年少年間 グランドスラム」のギネス記録に認定。東京2020パラリンピックでも自己最高のシングルス銀メダル、ダブルス銅メダルを獲得。
  • サーフィン
    Comment
    WSL(ワールドサーフリーグ)のCT(チャンピオンシップツアー)選手になるのが、夢であり目標。僕は言葉ではなくライディングで、サーフィンの魅力を世界中に伝えたい。

    profile

    プロサーファーである父親の影響でサーフィンを始める。 弱冠14歳でプロデビューし、2017年の「ISAワールドジュニア・サーフィン・チャンピオンシップ」で日本人初となる金メダルを獲得するという快挙を果たす。
  • スポーツクライミング
    Comment
    ただ高グレートを登れるだけじゃなく、アスリートとしても、人間としても強くなりたい。夢は私の原動力。脳で考えるリミッターを超えて、自分の限界に挑み続けたい。

    profile

    8歳のとき、父の山登りのトレーニングの一環として、家族でクライミングジムに行き競技と出会う。 16歳で初めて日本代表となりリードワールドカップに出場。 2018年にはボルダリングワールドカップの年間女王に輝き、翌年に国内大会三冠を達成。 東京2020オリンピックでは銀メダルを獲得。
  • スケートボード
    Comment
    スケートボードの魅力は、いろいろなスタイルと個性で競い合うこと。そしてそれを認め合うカルチャーがあること。僕が目指すのは一等賞より特別賞。自分にしかできない技を、極めていきたい。

    profile

    父と見たDVDに影響を受け5歳からスケードボードを始める。 2015年にプロ資格を取得したのち、19年日本選手権では高校1年生で優勝。 同年の世界選手権にも6位の結果も残し、東京2020オリンピックの日本代表に選出。 フリップを得意とした完成度の高いメイクと美しいフォームで活躍するプロスケーター
  • ゴルフ
    Comment
    夢を叶えるために一番大事なことは、うまくいかないときには、その原因を突き止めて練習を続けること。今できる自分のベストに一つひとつ挑戦する。そうやって一歩一歩、夢に近づいていきたい。

    profile

    ゴルフ場に勤務する母の影響で11歳から競技を始める。 2016年に「日本女子オープン」で国内メジャー史上初のアマチュア優勝を果たし、プロに転向。 日本人最年少記録となる19歳162日で、米ツアー優勝を果たす。 2022年は「DIOインプラントLAオープン」を制して米ツアー6勝目を挙げた。
  • ブレイクダンス
    Comment
    僕はとにかくダンスが大好き!で、その楽しさを全身で&全力で表現したい。周りの人への感謝を忘れずに、僕が楽しいと思うダンスをひたすら続けたら、きっとみんなが笑顔になれると信じている。

    profile

    メンバーのSHUVANが福岡で経営するダンススクール、STUDIO MJへ通うようになり、ダンスを始める。 ブレイクチーム“FOUNDNATION”所属。2016年、各国チャンピオンが集結して1on1の直接対決で雌雄を決する 世界最高峰の大会で、世界最年少優勝という偉業達成。
  • パラ走り幅跳び
    Comment
    私は体も大きくないし、骨格的にも弱く、体型的には恵まれていない。でも「日本人なんて勝てないよ」という競技だからこそ、そんな決めつけを覆して、新しい常識をつくりたい。

    profile

    21歳の時に、勤務中の事故により右足膝下から先を切断。 退院後にパラ陸上競技の世界を知り、義足のスプリンターへと転向。 2007年に100m、200mで当時の日本記録を樹立。 事故からわずか2年後、北京2008パラリンピックへ出場し、以降、4大会連続でパラリンピック代表に選出。